クルマ運転中に大地震!その時、どう対処すべき?

 震災はいつ起こるかわからないから怖いもの。あなたが何をしている時であろうと、震災に遭う恐れがあります。 「会社にいる時の震災対策は、避難訓練で行っているからわかるけど・・・。」「わが家では家具も固定しているし、避難グッズも用意しているから万全!」という方も、「グラッ」と揺れを感じた時にクルマの運転中や信号待ちだったらどうすべきかご存じですか?

 震災時における、ドライバーとしての適切な対応や守らなければいけないルールなどを確認しておきましょう。

【運転中の震災に対する、4つのケース】

  1. 「警戒宣言」が発令されたら、一般車両の通行は禁止または制限されます。
  2. 大規模地震対策特別措置法により、内閣総理大臣が地震防災対策強化地域に向けて「警戒宣言」を発令した時は、次の措置をとるようにしましょう。

    • 交通規制の内容に合わせ、クルマを移動させましょう。
    • 地震の発生に備えて、慌てず低速で走行しましょう。その後は、カーラジオ等により最新の地震情報や交通情報を確認し、情報内容に応じて行動しましょう。
    • 避難する人の通行や、地震防災応急対策の実施の妨げとなるような場所に駐車しないよう気をつけましょう。
  3. 緊急地震速報を受信したら、落ち着いてスピ-ドを落としましょう。
  4. クルマを運転中にカーラジオなどにより「緊急地震速報」を確認したときは、次のような対応をしましょう。

    • 慌てず、落ち着きましょう。
    • 状況に応じて、ハザードランプをつけるなどして周囲のクルマに注意を促しましょう。
    • 急ブレーキを避け、緩やかに速度を落としましょう。
  5. 運転中に大地震が発生したときは、安全な方法で道路左側に停車しましょう。
    • 急ハンドルや急ブレーキを避け、できるだけ安全な方法で道路の左側に停止させましょう。
    • クルマを置いたまま避難する時は、できるだけ道路外の場所に移動しておきましょう。やむを得ず道路上に置いて避難する時は、道路の左側に寄せて駐車することが大切です。エンジンキーは付けたまま窓を閉め、ドアロックはしないでおきましょう。
    • 車内にはメモなどを置き、連絡先が分かるようにしておきましょう。
  6. 災害対策基本法による規制の際には、クルマを移動する必要があります。
  7. 災害対策基本法では災害応急対策が円滑に行われるようにするため、緊急通行車両以外の車両の通行が禁止または制限されることがあります。この交通規制が行われた場合、一般車両のドライバーは次の措置をとる必要があることを覚えておきましょう。

    • 速やかな移動が困難なときは、クルマをできるだけ道路の左側に沿って駐車するなど、緊急通行車両の通行妨害にならないように駐車しましょう。
    • 警察の指示を受けた時は、その指示に従ってクルマを移動または駐車しまし ょう。

 

■大地震後などで、避難のためにクルマを使うのはやめましょう。

地震災害に関する警戒宣言が発令されたときや大地震発生後、避難のためにクルマを利用することは緊急車両の通行の妨げとなったり、余震による二次災害にあう危険もあるため絶対にやめましょう。事実、阪神淡路大震災では、幹線道を中心に避難するクルマが救援活動の大きな妨げとなりました。

  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes
ログイン

WP SlimStat