2011年4月より自賠責保険料が値上げになります

 自動車損害賠償責任(自賠責)保険料の改定動向については、すでに各マスコミで報道されていましたが、本日1月20日に開催された自賠責保険審議会において、2011年4月1日以降始期契約より自賠責保険料が改定(値上げ)されることが正式に決定しました。

【保険料改定の概要】

2011年4月1日以降始期契約について、全車種平均で11.7%の引上げ*1 となります。

 

【主な車種の改定保険料】

■ 保険期間1年(本土)

車種 現行保険料 改定保険料 改定額 改定率
自家用乗用自動車 13,850 円 15,110 円 1,260 円 + 9.1%
自家用小型貨物自動車 12,250 円 14,190 円 1,940 円 + 15.8%
軽自動車(検査対象車) 12,090 円 13,600 円 1,510 円 + 12.5%
小型二輪自動車 9,280 円 9,640 円 360 円 + 3.9%
原動機付自転車 6,960 円 7,280 円 320 円 + 4.6%

 

■ 保険期間2年(本土)

車種 現行保険料 改定保険料 改定額 改定率
自家用乗用自動車 22,470 円 24,950 円 2,480 円 + 11.0%
自家用小型貨物自動車 19,290 円 23,130 円 3,840 円 + 19.9%
軽自動車(検査対象車) 18,980 円 21,970 円 2,990 円 + 15.8%
小型二輪自動車 13,400 円 14,110 円 710 円 + 5.3%
原動機付自転車 8,790 円 9,420 円 630 円 + 7.2%

 

■ 保険期間3年(本土)

車種 現行保険料 改定保険料 改定額 改定率
自家用乗用自動車 30,910 円 34,600 円 3,690 円 + 11.9%
自家用小型貨物自動車 - - - -
軽自動車(検査対象車) 25,730 円 30,170 円 4,440 円 + 17.38%
小型二輪自動車 17,450 円 18,500 円 1,050 円 + 6.0%
原動機付自転車 10,580 円 11,520 円 940 円 + 8.9%

 

【保険料改定の背景】

現行の自賠責保険料は、前回2008年4月の改定時点において過去からの累積運用益等(約1兆円)を還元(取り崩して赤字に補てん)することを前提に、2008年度~2012年度の5年間の期間限定で大幅な引下げが行われたものです。

この還元が終了した時点ではあるべき水準へ料率引上げを行うことが必要になりますが、当初の想定よりも保険金支払状況が悪化し、運用益等が予定より早く減少することが今般の検証で明らかになりました。

一方、現下の厳しい経済環境等を踏まえると一定の激変緩和が必要との判断から、本日の自賠責保険審議会において、当初の予定より前倒しした2011年度(+約12%)と2013年度(+約15%)*2 の2回に分けて料率を段階的に値上げすることが決定しました。

(注)
  1. 改定率は保険期間・車種等により異なり、一部引下げとなる場合もあります。 []
  2. 2013年度の改定率は現時点での収支見通しによる概算であり、確定したものではありません。 []

  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes
ログイン

WP SlimStat