2011年1月より東京海上の事業者向け火災保険に「災害復旧サービス」が付帯されます

 2011年1月以降の始期となる東京海上日動火災保険の事業者向け火災保険に、原則として「安定化処置費用担保特約」が自動付帯されます。本特約は現在「超ビジネス保険」で提供されていますが、特約付帯商品が拡大されることにより、財物損害に対する補償をご契約されているお客様は、世界最大規模を誇るベルフォア社の災害復旧サービスを、一定の条件のもとで追加負担なくご利用いただくことが可能となります。

 「安定化処置費用担保特約」が自動付帯される商品は以下の通りです。

 

【災害復旧サービスのメリット】

 例えば製造工場が火災となり機械設備に被害が及んだケースを想定すると、特殊機械等については代替品の納品までに長期間を要することがあります。従って、例え火災保険で被災した機械の保険金が支払われたとしても、代替品納品までの間工場の生産をストップせざるを得ない恐れがあります。
 災害復旧サービスは、従来は新品交換する以外に解決策がないと思われていた機械・設備に精密洗浄による汚染除去等の修復を施すことにより、可能な限りの機械・設備を被災前の機能・状態に復活させます。これにより、お客様の事業の早期復旧を支援します。

 

東京海上日動火災保険株式会社のプレスリリース(PDF)
http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/j0201/pdf/101101.pdf

ベルフォアジャパン社
http://goo.gl/VfcVh

  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes
ログイン

WP SlimStat