がん保険を見直しませんか

 日本人の死因トップはがんです*1 。とは言え、早期発見・早期治療で生存率は高くなっています。でも、がんと闘うためにはお金が必要です。
 実は筆者は妻をがんで亡くしました。3年間に及ぶの闘病でしたが、最初にがんが見つかって根治手術をした時に約80万円、その後の抗がん剤治療で月平均約10万円、その他の費用を含めると総額で500万円*2 近くかかりました。

 ご自分ががんにかかってしまった時の経済的負担を賄うためにがん保険に加入されていると思いますが、ご自分のがん保険の保障内容を把握されているでしょうか?
 万一がんになった時に保険が役に立たなかったなどと言うことがないように、少なくとも次の3点いずれかに当てはまらないかどうか、今すぐ確認してください。

 

  1. 上皮内新生物の場合には保険金が受け取れない

    上皮内新生物とは、以前は上皮内がんと呼ばれていたもので、大腸の粘膜や子宮頸部によくできるごく初期のがんです。肺・乳・胃・食道・肝臓・すい臓・膀胱も、まず上皮内にがんが発生すると言われています。臓器粘膜の上の層である上皮内にがんが留まっているため、早期に切除すれば直ります。せっかくがんの治療を目的としてがん保険に加入していても、こうした初期がんが対象となっていない保険では意味がありません。

  2. がん診断給付金が一回しか受け取れない

    初めてがんと診断された時に一時金で受け取れる「がん診断給付金」は、その後の治療について経済的にも精神的にも大きな役割を果たします。がん根治手術をしても、何年後に運悪く他へ転移してしまうこともあります。こうした場合、最初しか受け取れない診断給付金では、がんと闘うには不十分です。

  3. 60歳から保障が半分になってしまう

    古いタイプのがん保険の場合、60歳になったらそれまでの保障額が半分になってしまうものがあります。通常高齢になればなるほどがんになる確率が高まるのに、これでは意味がありません。

 上記3点のひとつでも当てはまった方は、これを機に見直しされることをおすすめします。

東京海上日動あんしん生命の「がん治療支援保険」
http://www.tmn-anshin.co.jp/tm-agent/byouki/cancer/index.html

(注)
  1. 厚生労働省「平成17年人口動態統計」 []
  2. 高額療養費還付後の実質負担額 []

  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes
ログイン

WP SlimStat